夏の静止画
随分ご無沙汰でした。
友人関係でも「共同ブログ」が1つ立ち上がりましたね。ここももう少し更新のペースを上げていかねば…

さて「柔らかな景色」。実はあんまりないんですよね。ご期待に沿えず申し訳ない。
生まれた時からコンクリートに囲まれて育って来たもので。
で、大阪って日本にいくつかある都市圏の中でも際立って緑の少ないところなので、
あまり森とか林とか、そういった情景と触れ合ったことがないんです。

ただ鮮明に「映像」…こう書くと動画っぽいので「静止画」なら一個だけ。
えみはご存知の通り、ワシは女性大好きなんですけど、
思春期の頃はそれをあんまり表に出さない、出したくない、ダダ漏れでも悟られたくない…
要はムッツリスケベでした。
だから好きな子が出来ても、話すのにも苦労するし、会話にならなかったです。

そんなムッツリスケベなワシが、土曜の半ドンから家に帰る途中の、ある夏の日。
真っ白いセーラー服を着て、さらさらの黒髪をなびかせた女の子の後姿を見かけたのです。
確かその頃中1でしたから、きっと背格好から見て先輩だったでしょうか。
今だったらもっそい早足になって追い抜いて、その娘の顔を覗き込むでしょうが、
その頃はそんな根性もなく、ただその後姿の美しさに唖然としていました。

そこに流れて来た、風鈴の音。

もうこの「静止画」(SE入り)が、夏になると思い出されて来るんですよ。
特に今年みたいに記録的な暑さに見舞われた、町中を歩いていると…

昔から気の多い人間だったから、これも一種の片思いだったのかも知れません。
by mukougishi | 2007-09-21 17:17 | ryo-ta
<< 都会の喧騒と静寂。 柔らかな景色。 >>



へっぽこライターとシロウト小説家の七転八倒徒然草(てか起きろよ)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31